病院案内

院長あいさつ

院長 林 英樹
精神科の急性期医療から地域生活の支援までトータルに患者さんをサポートしていきます。

日頃より当院をご利用いただきありがとうございます。また、連携していただいている医療機関や福祉関係の方々、行政の皆様に感謝申し上げます。

当院は、「その人らしく生きられるように共に支えあいます」という理念に則り、精神科の急性期医療から地域生活の支援までトータルにサポートする病院です。
アルコール依存症や認知症の治療にも取り組んでいます。
外来ではデイケア、ナイトケアを実施し、訪問看護ステーション、グループホーム、就労支援事業所等と連携して患者さんの在宅生活を支援しています。
生活相談や無料低額診療も実施しており、入院の際の差額ベッド料は必要ありません。

2014年春に外来、病棟をリニューアルいたしました。
どうぞ安心してご相談ご利用ください。

理念・基本方針・患者の権利宣言

理 念

「その人らしく生きられるように共に支えあいます」

基本方針

  • 1、「心の病」の予防、治療、リハビリに取り組みます。
  • 2、人権を尊重し、安全・安楽・信頼の医療に努めます。
  • 3、地域と連携し、誰でも安心して暮らせる地域づくりに努めます。

患者の権利宣言

  • 1、医療従事者が職務上知り得た当事者のプライバシーは守られ、人として尊重される権利があります。
  • 2、病状、治療法、費用、見通しなどについてのわかりやすい説明と、最良の医療を受ける権利があります。
  • 3、前項の説明に納得がいかない場合には、複数の医師の診断・助言を受け、場合によっては転院することのできる権利があります。
  • 4、専門以外の疾病については、他の医療機関と連携し治療を受ける権利があります。
  • 5、診療録の開示を求める権利があります。

PAGE TOP